独自のセキュリティ対策

独自のセキュリティ対策

アイコン1通常のレンタルサーバーは、多くのソフトや、オープンソースなどのCMSやECサイトなどにも広く対応できるように、数多くのコードなどをオープンにしております。
また、サーバーを設置・設定した後、利用しているソフトなどが使えなくなるなどの問題があるため、サーバーのバージョンアップなども簡単にはできず、放置されてしまっていることもあります。
そこには直接脆弱性はなかったりしますが、攻撃対象になったり、一つ間違えると脆弱性につながることも多々あります。

 お客様のデーターを扱うサイトは、簡単に情報漏洩などが起こると企業側の責任問題にまで発展します。

 弊社のサーバーでは、常に最新の情報を追いかけており、セキュリティには最新の注意を払っております。
  常に最新の状態にし、危険になりそうなものは設定できないようにしております。そのために弊社にて、サーバーの保守・メンテナンスをしっかりと行なっておりますので、お客様への難しい知識の必要なsshやtelnetも公開しておりません。


|